FC2ブログ

風のマジム

DSC00797_convert_20180917085803.jpg

原田マハさんの 『風のマジム』 です。

沖縄で生まれ育地、通信会社で派遣さんとして働くまじむ28歳
社内ベンチャー募集に反応するまじむが考えたのは
地元沖縄で取れるサトウキビを使ったラム作りだった。
プレゼンを勝ち取り、南大東島のサトウキビを使い
素敵な醸造家を雇うことが叶い、動き出す。

飲めないくせして、モヒートが飲みたくなってきたぞ!
まだまだ暑い夜だってある。
パパが愛したダイキリだっていい。
バハマに出かけてみたいものである。


次も原田マハさん、「キネマの神様」です。
スポンサーサイト

旅屋 おかえり

DSC00796_convert_20180917085740.jpg

原田マハさんの 『旅屋 おかえり』 です

アイドルだった、旅番組のレポーターをこなすタレント ”おかえり” こと丘えりか。
スポンサーを怒らせて番組がなくなってしまったことで窮地に堕ちる中で思いついたのが
人の代わりに旅をし、どんな形にせよそのレポートをその人に届けるという仕事。
人と一対一で向き合っていく、”おかえり” さんの旅のレポートである。
彼女を取り巻くサポーターがなかなかいい。
ちょっと感激する物語にやられてしまうよ。


次も原田マハさんで 「風のマジム」です

奇跡の人



原田マハさんの 『奇跡の人』 です

弘前の名家で生まれ、「盲目で、耳が聞こえず、口も利けない少女」れん。
小さい頃にアメリカに留学し、請われてれんの教育係りを仰せつかった安。
小さいれんと安の長い我慢の人生が始まる。
伊藤博文さんが偉いころのお話です。

「奇跡の人」とは、起こした人ではなく、起こさせた人のことなのだそうだ。
内容が濃くてうまく説明できないけれど、読み返したいと思った作品である。
原田マハさんにハマりつつある、いやはまっているな。


次は原田マハさんの「旅屋 おかえり」です。

Honolulu Cookie



先日、一年ぶりにゴルフに誘ってもらい、散々火を吹いてきた。
ゴルフもその後に出かけたいつもの日本料理「喜楽」で楽しいひとときを過ごさせてもらった。
皆さん、ありがとうございました。

ところで、その時に迎えにきてくれたHさんに旅の土産を頂戴した。
Tommy Bahama Honolulu Cookie
それをそのままクルマの中に置かせてもらったわけだけど
数日してから開けてみると美味しそうなクッキーが並んでいる。

「あっ、溶けてる」
クルマの中に一日中あったからなのか、なんの仕打ちなのか
パインナップルの形のクッキーにかかっていたチョコレートがぁあああああああ!
でも、すごくおいしいクッキーだった。
彼の土産に間違いなしというところだろう。
ケースは小物入れに使わせてもらおうと思う。

ありがとうございました。

ニューヨークには夢がある!



TRANSIT 最新号を手に入れた。
前号を本屋で見かけ、次号はどこかなとみると、New York!
季刊誌なので待つことおよそ三か月。
行きつけの本屋の棚で見つけた喜び。

『ニューヨークには夢がある!』

いい響きである。
響きだけにしたくないけれど
どうだろう。


プロフィール

nasunokiuri

Author:nasunokiuri
The Journey to

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR