素晴らしきかな、人生



LIFE,CAN BE WONDERFUL 素晴らしきかな、人生
人生ドン底の男を救ったのは、3人の奇妙な舞台俳優!?


ウィル・スミス主演の映画の広告が今日の朝刊に出ていた。
なんかとても面白そうな文句が続く。
2月25日から上映だそうだ。

ただ、3人の奇妙なでスカスカの頭をよぎったのは全然違う小説と映画
チャールズ・ディケンズの「クリスマス・キャロル(Christmas Carol)」と
その小説をアレンジしたとされる、ビル・マーレイ主演の「3人のゴースト(Scrooged)
たぶん、3人というところだけに反応したのだと思う。

久しぶりに暖かい映画館を満喫してみたいと思う映画かもしれない。
スポンサーサイト

Le Petit Prince & Ogawa Cafe



射水に住む友人からの荷を今朝届けてもらった。
彼女が住む射水は雪は少なめらしいけれど、寒いそうだ。
まだまだ寒い日が続きそうなので
暖かい牛乳を合わせていただくことにする。

ありがとう。


風邪とカカオとあたし




風邪をひいているにも関わらず、白い豹から降り立った彼女

あの方への貢物、お預かりいたしまし候。
気遣いまでしていただき嬉しさ至極でございまして候。
休養をとり、お元気になられることを切に願うばかり。
早めに渡せるように頑張る所存。
ともあれ、ありがとうございまして候。


IMG_4509_convert_20170214213036.jpg


昼休みに出かけた歯科医院にて
虫歯が大きくなっていると
治療してもらったばかりの身
健康万歳!

あの頃の誰か



東野圭吾さんの作品『あの頃の誰か』です


1989年から1997年頃に書いた短編なんだけど
東野さんが納得できないまま本にならなかった
本人曰く「わけあり物件」なのだそうだ。
中には長編のベースになった作品も含まれていたりして
20数年の時を超えて本になった、ちょっと楽しめた作品でした。


R氏からいただいたブックカヴァーも徐々に汚れてきている。
普通に洗って、縮んでしまったら入らなくなってしまうよなぁ
なんて思いながら、次回は最初から入らないサイズの
常盤新平さんの「山の上ホテル物語」です。

ルーシー・リーがほしい



平積みしてあるCASA BRUTUSの中から取り出したのは
ルーシー・リーと、私の好きな器
いつかまた見に出かけよう


IMG_4502_convert_20170212222925.jpg

1989年5月10日から6月7日の草月会館、草月ギャラリーにて開催された
「ルゥーシー・リィー展」図録の復刻版を引っ張り出して見る
彼女のことなんて何も知らなかった

IMG_4503_convert_20170212223002.jpg

2010年4月28日から6月21日の国立新美術館にて
「ルーシー・リー展」カタログを引っ張り出してみる
晩年の彼女はある方の御母堂さまに似ている


たまに見直すといつでも新鮮
CASA BRUTUSはそれなりに楽しい
プロフィール

nasunokiuri

Author:nasunokiuri
The Journey to

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR